ブルーオーキッドコンサルティングの会社概要

  1. ホーム
  2. COMPANY / 社名

社名

ブルーオーキッドは、「青い蘭」を意味します。

蘭の花は、植物の最も進化した形であると言われ、花粉を運んでくれる鳥や昆虫の形態に合わせて、花の種類、その形や色等を変化させながら今もなお多様な進化を遂げています。このような鳥や昆虫と蘭の花の関係は、互いにとって利益のある共生関係として「相利共生」と呼ばれています。たとえば、ハチドリによる蘭の受粉などが有名ですが、より効率的な花粉媒介を期待し、蘭の花はハチドリの形にあわせて深くなり、ハチドリも花からうまく蜜を取るように長いくちばしに進化を遂げていきます。

蘭の花は、互いに利益のある共生関係で共に進化を遂げるという「相利共生」と「共進化」を象徴する美しい花であり、私たちの経営理念を表現するのにふさわしく、蘭を意味する英語である「Orchid」を社名とし、「信頼」を表す「Blue」を冠して、蘭の中でも特に美しいと言われているバンダ・セルレア、別名「Blue Orchid」という花の名前を社名としています。